2014年06月24日

どどんとふとMySqlの連携について

地味にどどんとふ設置のはまり所。MySqlについて。

大前提として、大抵のサーバーではMySqlは不要です。
MySql使ったほうが遅くなるケースのほうが多いはず。
そのくせ設定には死ぬほど手間がかかります。

それでもMySqlを使いたいという人はruby1.8を使いましょう。
パフォーマンスモニタを監視してる限りでは、MySqlのほうがディスクI/Oの
負荷はかなり下がります。ただruby1.8だとどどんとふそのものは動作がやや遅くなります。

MySql使いたい!rubyも2.0使いたい!というわがままな人は
それが修羅の道であることを理解してください。
そのままじゃどどんとふは動きません。

どどんとふそのものを改造する必要があります。
改造した内容がただしいかどうか、何度も試行錯誤を繰り返す必要があります。

ここまで言っても尚、Ruby1.9や2.0でMySqlで動かしたい人。
方法はあります。ファイルを書きかえればいいんです。
そもそも動かない理由はDodontoFServerMySql.rbがDodontoFServer.rbを
読み込めないのが原因です。

DodontoFServerMySql.rbにはDodontoFServer.rbとFileLock.rbとsaveDirInfo.rbを
上書きする設定が書かれています。上書きしようとしてruby1.9以降の仕様変更により
エラーで落ちてしまっているわけ。
なら、手動で上書きすれば動いてくれるはずですよね?

改造が必要なファイル

・src_ruby/FileLock.rb
・src_ruby/saveDirInfo.rb
・DodontoFServer.rb
・DodontoFServerMySql.rb(削除)

具体的な改造内容は後で・・・


【関連する記事】
posted by マフティー at 18:00| Comment(0) | どどんとふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。